新たに発足したデジタル庁。私たちの生活の何が変わる?

2021年9月1日、国や地方行政のIT化、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を目的としてデジタル庁が発足しました。

行政のデジタル化とはどのようなことを指すのか、デジタル庁が発足したことで私たちの生活にはどのような影響があるのでしょうか。

IT化、DX推進とは

そもそも、「IT化」や「DX推進」とは何でしょうか?
それぞれのキーワードについて簡単に紹介します。

①IT化
ITはInformation Technology(情報技術)の略でコンピュータやネットワーク(インターネット)を用いた技術の総称です。
たとえば、紙媒体で行っていた業務をパソコンで完結できるようにするなど、日常のあらゆるものをITに置き換え、効率化することをIT化といいます。

②DX(デジタルトランスフォーメーション)推進
DXとは、スウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が2004年に発表した論文の中で提唱した概念で、“ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる”といった内容のものです。
“IT化”と似ていますが、DXには変革の意味合いを含む場合が多く、既存の価値観にとらわれない革新的な手法を指します。

つまり、デジタル技術を普及させ、それを駆使して行政のあらゆる分野で効率化や利便性向上を図ることや、既存の価値観にとらわれない新しい技術や手法を積極的に取り入れて日本をより良い方向へ変革させていくことがデジタル庁の目指すところとなります。

デジタル庁の取り組み

では、デジタル技術を駆使してデジタル庁はどのようなことに取り組むのでしょうか。
デジタル庁が掲げる政策は大きく分けて、下記の通りです。

1.デジタル社会に必要な共通機能の整備・普及
2.国民目線のUI・UXの改善と国民向けサービスの実現
3.国等の情報システムの統括・監理

【1.デジタル社会に必要な共通機能の整備・普及】では、マイナンバー制度の整備、国民が利用するシステム・サービスの共通化、サイバーセキュリティの強化、データ戦略などを目標に掲げております。
行政手続きにおけるシステムやサービスの共通化が実現することで、利用者の手続き負担を大きく軽減するワンスオンリー化の実現を目指しています。

【2.国民目線のUI・UXの改善と国民向けサービスの実現】では、UI・UX/アクセシビリティの整備、様々な手続きのオンライン化・ワンストップサービス化などを目標に掲げております。
現在、窓口対応となっている行政手続きや民間手続きのインターネット手続き対応ワンストップサービス化(窓口の共通化)、システム・サービス全体で共通のUI(操作性やデザインなど)を採用することで利便性向上の実現を目指しています。

【3.国等の情報システムの統括・監理】は、国、地方公共団体、準公共部門等の情報システムの整備・管理を指します。
基本方針を策定することで各システムが方針に従うものかを審査し、情報システムの標準化や統一化を目指しています。情報システムを共通化することで、効率的なシステム整備や民間のシステムとの情報連携を可能とします。

このように、私たちが利用する行政手続きなどをデジタル化する取り組みとなっています。
現在、窓口で行っている手続きが将来的にはインターネット上の共通サービスで完結できるようになります。

※ワンスオンリー…行政手続きデジタル化3原則の一つで、「一度提出した情報は、二度提出することを不要とする」考え方。手続きで提出した住所や氏名などの共通情報を、他の手続きで提出不要とすること。また、その情報を各自治体窓口のみならず、全ての行政機関を対象として利用できるようにすることを目指す。

まとめ

まだ発足して間もないため、すぐに全ての手続きが統一化されるわけではありません。
しかしながら、今まで窓口に足を運んで行っていた手続きが手元のスマートフォンで完結できるようになる未来も遠くはないかもしれません。
新たに発足したデジタル庁がその未来への足掛かりとなりました。
これを機に手続きのみならず、様々な分野でデジタル技術を駆使して全く新しい手法やサービス、考え方などが生み出され、暮らしがより良くなることを期待しましょう。

 

参考サイト:
https://www.digital.go.jp/

※本記事は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。