今さら聞けない?ブロックチェーンとは?

昨今、仮想通貨のBitCoinが話題となっています。そのBitCoinを支える技術として「ブロックチェーン」と呼ばれる認証システムがあります。
従来の認証システムとは異なり、管理サーバーを必要とせず世界中の参加者のコンピューターに分散して情報を置き、監視を行っているため、1人がデータを改ざんしたとしても、全てのデータとの整合性が取れず改ざんしたデータは意味をなさないものとなります。世界中の参加者のコンピューターが常に監視を行っている状態なので世界中のコンピューターが無くならない限り、システム障害・改ざんに強く、低コストで運用ができる革新的な技術と言えます。

ブロックチェーンの由来

ブロックチェーンの由来は、取引記録を1つのブロックにまとめて鎖(チェーン)のように繋いで保存するデータです。  取引記録を繋げる際に、1つ前の取引記録のハッシュ値※を埋め込んでいきます。取引記録を改ざんした場合、ハッシュ値が変わってしまい取引記録が崩れてしまうため整合性が取れなくなり、不正と判断されます。
またブロックチェーンには、ユーザー同士がやり取りを行う際の従来の銀行のような管理サーバーは必要ありません。ユーザー同士のやりとりは、参加しているユーザーのコンピューターに分散(P2P方式)し保存が行われます。そのため、自身の情報を改ざんして数値を変えた場合でも、他の参加しているユーザーのコンピューターとの整合性が取れなくなるため改ざんしたデータを利用することができなくなります。

ブロックチェーンの活用

当初はBitCoinの技術という位置づけでしたが近年は、金融以外にブロックチェーン技術を応用したブラウザ・SNS・クラウドストレージなどでも利用されています。今後もいろいろな分野で活用できないか非常に注目が集まっており、国内外問わず多くの大企業がブロックチェーンの活用を検討しています。

※ハッシュ値…あるデータを変換した固定長のデータ(値)。 1文字でもデータが変わるとハッシュ値も全く違う値になる。